病 気 T|口臭対策@ナビ[原因・病気・予防・外来なら]

口臭の原因

病 気 T

ここでご紹介するのは、いずれも内蔵の病気が原因で起こる口臭です。口臭の原因の中で、歯周病に並んで多いのが実は胃腸病なのです。

胃炎や胃潰瘍、十二指腸潰瘍等にかかると、消化不良を起こしやすくなります。その結果、食べたものが胃の中に停滞し、異常発酵します。そこで発生したニオイ物質は腸管から吸収され、血流に乗って肺から排泄、「卵の腐ったようなニオイ」の口臭となって出てくるのです。

また、腸の働きが低下したり、腸内に疾患がある場合は、腸内の細菌バランスが崩れ、悪玉菌が増加してニオイ物質を発生させます。胃腸の病気を起こす最大の原因はストレスといわれています。その他、睡眠不足や暴飲暴食、偏食、美食(動物性脂肪とタンパク質の過剰摂取)、便秘等も胃腸病の原因に挙げられます。

肝臓も、実は口臭発生に関係してくる臓器です。肝臓の働きが正常の場合は、ニオイ物質は分解され病的な口臭は発生しません。ところが、慢性肝炎等で肝臓の働きが落ちてくると、分解しきれないニオイ物質が血流に乗って全身をめぐり、口臭や体臭となってあれわれます。

肝臓に問題がある場合の口臭は「ネズミ臭」といわれ、口の中が苦くなる特徴があります。さらに重症になると、「カビ臭」や「腐卵臭とニンニクの混ざったニオイ」がするといわれています。

◎口臭予防のポイントはこれ!>


スポンサード リンク



ここだけは押さえたい!口臭予防のチェックポイント

・ニンニク口臭とその予防
口臭を発生させる食べ物として、まず思いつくのは、やはりニンニクでしょう。人と会う時、デートの前などは、できればニンニク料理を食べるのは避けたいものです。しかし、ニンニク料理はお・・・続きを読む

・酒、タバコの口臭予防
口臭は、口の奥の柔らかい組織、主に舌の奥に生息するバクテリアが原因です。このバクテリアが粘膜の下で活性化し、腐敗した硫黄ガスを発生し、不快な口臭を引き起こすわけです。口・・・続きを読む

・コーヒーはどうなのか
コーヒーを飲むと口臭がすると感じる人は多いと思います。なぜなら、コーヒーは、焙煎されたコーヒー豆の微粒子がたくさん入っており、これらが舌の表面を構成する舌乳頭に付着しやすい・・・続きを読む


▲ページの上へ
Copyright (C) 2009-2012 口臭対策@ナビ[原因・病気・予防・外来なら] All Rights Reserved.