自臭症のメカニズム|口臭対策@ナビ[原因・病気・予防・外来なら]

自臭症対策

自臭症のメカニズム

口臭が発生するメカニズムは、他臭症の場合と同じで、口腔内の自浄作用を行う唾液の分泌量に関係しています。口腔内の自浄作用を行う唾液の分泌量が多いと嫌気性菌の出すガスが減るので、口臭は抑制されます。

自臭症の方の細菌量は他臭症と比べると、かなり少ないのですが、それでも自覚してしまいます。理由は断続的に臭いが発生するからで、いつもニオイがあると感じてしまうのです。けれど、臭覚は連続した臭いに対しては麻痺してしまいます。

[生理的口臭]
「起床時」「空腹時」は通常だれでも起こりうるものですが、自臭症の方の口腔内の細菌量は少ないため、唾液の分泌量の変化に対しても、細菌の活動が敏感に影響を受ける口臭が感じられるのだと思います。自臭症の方は、なぜ、いつでも臭いがあると感じるのでしょうか?

口臭で悩んで病院を行く人の8割が自臭症だと言われています。実際自臭症の人は、普通の人よりちゃんと歯磨きが出来ていて、普通の人より口の中がきれいです。しかし、わずかなニオイも気になってしまうのが自臭症です。

また過去の口臭指摘経験、対人的ストレスなどから、他人のしぐさなどに反応して持続的精神不安や持続的な口腔内緊張が引き起こされ、それが原因で口臭がすることもあります。こういった緊張時口臭が持続すると口臭は習慣化します。さらに、習慣的持続的な場合は、しばしば、口腔生理的機能低下を引き起こします。こういった方は、早めに口臭外来を受診された方が良いでしょう。

◎口臭予防のポイントはこれ!>


スポンサード リンク



ここだけは押さえたい!口臭予防のチェックポイント

・ニンニク口臭とその予防
口臭を発生させる食べ物として、まず思いつくのは、やはりニンニクでしょう。人と会う時、デートの前などは、できればニンニク料理を食べるのは避けたいものです。しかし、ニンニク料理はお・・・続きを読む

・酒、タバコの口臭予防
口臭は、口の奥の柔らかい組織、主に舌の奥に生息するバクテリアが原因です。このバクテリアが粘膜の下で活性化し、腐敗した硫黄ガスを発生し、不快な口臭を引き起こすわけです。口・・・続きを読む

・コーヒーはどうなのか
コーヒーを飲むと口臭がすると感じる人は多いと思います。なぜなら、コーヒーは、焙煎されたコーヒー豆の微粒子がたくさん入っており、これらが舌の表面を構成する舌乳頭に付着しやすい・・・続きを読む


▲ページの上へ
Copyright (C) 2009-2012 口臭対策@ナビ[原因・病気・予防・外来なら] All Rights Reserved.