酒、タバコの口臭予防|口臭対策@ナビ[原因・病気・予防・外来なら]

口臭予防法

酒、タバコの口臭予防

口臭とは、口の奥の柔らかい組織、主に舌の奥に生息するバクテリアが原因となったりする事は充分分かったかと思います。確かに虫歯や歯周病が原因の場合も多いですが、段口にしたり体内に取り入れられる原因の犯人として、ここでは普段口にしたり体内に取り入れられる原因の犯人として、お酒やタバコが挙げられます。ここではそのお酒やタバコについても触れていきます。

まず、お酒を飲んだ後、口臭がひどくなる場合が多いものです。これは、お酒を飲むと、アルコール分解酵素の働きで、悪臭であるアセトアルデヒドに分解され、 これが肺を通って口臭となるからです。また、お酒は、飲んだあと体内に吸収され、血液で肝臓に運ばれて、そこで分解処理を受けます。この分解過程において、アルコールは中間的にアセトンと言う物質に分解されます。

このアセトンがうまく処理されなかったり、あるいは過剰に蓄積されると、血液中の濃度が高くなり、肺におけるガス交換の結果、アセトン臭の口臭が出ます。二日酔いに近い、嫌な臭いです。これを防ぐには、アルコール飲料を飲む時に、野菜や、食物を同時に摂取するのが良いでしょう。 また、飲酒後は、アルコール飲料と同じだけの水分を補給することも大切です。これで、かなり口腔内乾燥を抑えることが出来ます。

タバコによる口臭も、人によっては嫌う場合が多いものです。タバコの口臭は、タール成分が舌の表面に付着しやすく、これが、舌苔(ぜったい)の付着を促進させることによるものです。また、喫煙は歯周病もまた招き易いものです。なるべくタバコは、1日20本以内にすることです。また、こまめに水分補給することも大切です。

◎口臭予防のポイントはこれ!>


スポンサード リンク



ここだけは押さえたい!口臭予防のチェックポイント

・ニンニク口臭とその予防
口臭を発生させる食べ物として、まず思いつくのは、やはりニンニクでしょう。人と会う時、デートの前などは、できればニンニク料理を食べるのは避けたいものです。しかし、ニンニク料理はお・・・続きを読む

・酒、タバコの口臭予防
口臭は、口の奥の柔らかい組織、主に舌の奥に生息するバクテリアが原因です。このバクテリアが粘膜の下で活性化し、腐敗した硫黄ガスを発生し、不快な口臭を引き起こすわけです。口・・・続きを読む

・コーヒーはどうなのか
コーヒーを飲むと口臭がすると感じる人は多いと思います。なぜなら、コーヒーは、焙煎されたコーヒー豆の微粒子がたくさん入っており、これらが舌の表面を構成する舌乳頭に付着しやすい・・・続きを読む


▲ページの上へ
Copyright (C) 2009-2012 口臭対策@ナビ[原因・病気・予防・外来なら] All Rights Reserved.